エピソード7「フォースの覚醒」公開記念! ~スター・ウォーズの音楽分析【初級編】

Star Wars

今回のテーマ: スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望 Star Wars Episode IV: A New Hope(1977)
※日本では1978年公開
映画本編を観たことのない人は沢山いるかもしれないが、「スターウォーズ」という名前や、有名なメインテーマの音楽を聞いたことのない人はほとんどいないだろう。

映画史、SF史、サブカル史に燦然と輝く不朽の名作映画「Star Wars スターウォーズ」。2005年に公開されたエピソードⅢ以来、実に10年振りの新作が2015年12月18日に世界で一世に公開される。2005年に公開されたのはプリクエル(前日譚)となる内容のため、ストーリーが正式なかたちで先に進むのは、なんと1983年以来32年ぶり(!?)とあって、世界中の映画ファンたちが浮き足立っている。

John_Williams_with_Boston_Pops-2 その超人気シリーズの魅力の一端を担っているのは、間違いなく巨匠ジョン・ウィリアムズ(1932- )作曲の映画音楽だ。2010年には、あのウィーンフィルがはじめて演奏するなど、既にクラシックな地位を確立したといっていいだろう(その他に、2015年にはベルリンフィルも演奏している)。

ジョン・ウィリアムズの音楽が魅力的なことは間違いないが、では実際の映画本編のなかでは具体的にどのような役割を果たしているのか? これから、何回かに分けて、その秘密に迫ってみたいと思う。まず第1回は「音楽が喚起するイメージ」の話をしよう。そのために、欠かせないのは、音楽の「パクり疑惑」についてだ。

名映画音楽にパクり疑惑!?

Erich Korngold(※以下ネタバレ有り) スターウォーズの音楽に対して、はっきりとパクりと言われることは(少なくとも日本においては)それほど多くないように思われるが、他の曲にそっくりな部分が多いのも割と知られた話である。とりわけ、ハリウッドの映画音楽の基礎を作ったとされるエーリッヒ・コルンゴルトの作曲した映画音楽「キングス・ロウ」(1942)(邦題「青春の嵐」)のメインテーマの似かより方は相当なもので、パクり疑惑が持ち上がっても不思議ではないほどだ。

比較動画 ジョン・ウィリアムズ『スター・ウォーズ メインテーマ』とコルンゴルト『キングス・ロウ』

はじめて、聴かれた方は驚かれたであろう。テンポ感こそゆっくりであるが、旋律の前半部分がまるで同じであることは誰の耳にも明らかだ。更には、こうした事例はスター・ウォーズの音楽のなかで他にいくつもあるのだ。果たしてこれは、いわゆる「パクり」なのだろうか?

続きを読む⇒