「フォースの覚醒」を観る上で役立ちそうな、スターウォーズの「ライトモティーフ」を集めてみた。

Star_Wars_The_Force_Awakens

【2015年12月18日 17:00頃:「フォースの覚醒」公開直前の暫定版①】
※後日、youtubeのリンクを増やすなど、追記を予定しています。

【2015年12月19日 9:00頃:暫定版②】
※youtubeのリンクを追加。文章は、また改めて更新予定。

そもそもライトモティーフとは何か?

スターウォーズの音楽が語られる際、時おり「ライトモティーフ」という単語が使われることがある。ライトモティーフ(Leitmotive)はドイツ語で、「示導動機」と日本語に訳されることもある。

Leitは英語でいうところの”Lead”や”Guide”になるので「導き示す」という意味、モティーフ(モチーフ)は作品の主題やテーマなどを表す言葉だが、クラシック音楽の場合は主題よりも断片的な「動機」を指し表す言葉として用いられている。

つまり、ライトモティーフとは「何かを導き示すための旋律の断片」である。音楽で、雰囲気や感情を描くだけではなく、具体的な意味を表す(あるいは、連想させる)ために用いられる手法なのだ。

スターウォーズで用いられるライトモティーフについて、これまで多くの人たちによって説明されてきており主要なライトモティーフは本作のファンであれば、よく知っていることであろう。しかしながら、ファンが呼ぶ「通称」と、ライトモティーフの実際の使われ方が一致しているかどうかは結構怪しいところもあるのが実情だ。

そこで、今回はファンサイト等の情報をもとにしつつ、「フォースの覚醒(エピソードⅦ)」でも関わりがありそうなライトモティーフについて、大雑把に復習していくことにしよう。
http://lucasfilm.wikia.com/wiki/Star_Wars_music
https://en.wikipedia.org/wiki/Music_of_Star_Wars#First_appearance_in_Star_Wars
http://www.aaronkrerowicz.com/star-wars-blog/a-new-hope-index-of-musical-themes-and-motifs

とりわけ、下記の記事はエピソードⅣにおいて、主だったライトモティーフがどの場面で使われているかリストアップしてあり、特に参考になるだろう。
http://www.aaronkrerowicz.com/star-wars-blog/a-new-hope-timeline-of-musical-themes-and-motifs

ルーク・スカイウォーカー

まずはエピソードⅣ~Ⅵにかけての主人公であるルーク・スカイウォーカーを「導き示す」モティーフだ。下記の旋律は、スターウォーズのメインテーマ(メインタイトル)の主題でもあり、あまりにも有名な旋律だが、これこそが主人公ルークを表す「ライトモティーフ」として使われている。

Luke theme

エピソードⅣにおいて、ルークが画面上にはじめて登場する際に、ベル叔母さんがルークの名を呼んだ直後、オープニングで既にメインテーマとして流れている上記のメロディ[1]が聴こえてくる。これにより、この青年ルークが主人公であることが暗にほのめかされているのだ。この旋律は、後半部の[2]も含めてこのあともルークの戦闘シーンなどで何度となく雰囲気を変えながら登場する。

ルークが最初に登場するシーン

反乱軍(Rebel)

Rebel theme

オープニング

こちらもオープニングに登場するファンファーレだが、これは通称”Rebel Fanfare”と呼ばれている通り、反乱軍を象徴するライトモティーフだ。例えばオープニングで、この旋律は帝国軍に制圧される前の輸送船ではひっきりなしに聴こえてくるが、ダースベイダーに制圧された後は流れない等の用法がされている。

レイア姫

Rebel theme

レイア姫の登場シーン

こちらは前回の投稿でも説明したレイア姫のライトモティーフだ。レイア姫が画面に登場するたびに、何度も流れてくる。

Love theme

加えて、このレイア姫のライトモティーフは、のちに作られたエピソードⅡ「クローンの攻撃」における、レイアの父母であるアナキン&パドメの愛のテーマ「Across The Stars」の元にもなっている(※また、「Across The Stars」には若干ではあるがルークのライトモティーフの要素も含まれており、彼らの親子関係がほのめかされている)。

フォース

Force theme?

2つの夕日

一般的に「フォースのテーマ」と呼ばれているが、実は若干扱いの難しいライトモティーフだ。それは、あまりにも頻用されてるために、意味を単純に捉えるのが難しいのが要因として考えられる。しかしながら、エピソードⅣの時点では、フォースという単語に紐付けられるのは「オビ=ワン・ケノービ」ないしは「ダースベイダー」のみであり、オビ=ワンが最初に画面に登場する際にも流れるため、「オビ=ワン」のライトモティーフでもあるという点には少なくとも注意をはらうべきだろう。

オビ=ワン(ベン)・ケノービ登場

ヨーダ

yoda's Theme

ヨーダの登場シーン

ジェダイを長きにわたり育て、長として率いていたヨーダのライトモティーフはハーモニー的に、同じジョン・ウィリアムズ作曲の「E.T.」を連想させるが、書かれたのはヨーダの音楽の方が先である。このライトモティーフは、やや姿を変えて「ルークとレイア」という楽曲の序奏としても登場する。

ハン・ソロとプリンセス

Han Solo and Princess

ソロとレイアのキスシーン

既に、エピソードⅦ「フォースの覚醒」の予告編でも使われている、ハン・ソロとレイア姫の愛を表すライトモティーフのため、別名「愛のテーマ」と呼ばれることもある。

ルークとレイア

Luke and Leia

ルークがレイア姫に秘密を打ち明けるシーン

エピソードⅥ「ジェダイの帰還」において、ルークがレイアにある重大な秘密を打ち明ける場面では、この旋律が流れるが、実はこのライトモティーフは、冒頭の5音がルークのライトモティーフをもとにして作られている。

帝国軍(Imperial)

Imperial theme

帝国軍による輸送船の襲撃

帝国軍のライトモティーフといえば、いわゆる「ダースベイダーのテーマ」があまりにも有名だが、ファンならご存知のように、あのテーマが登場するのはエピソードⅤ「帝国の逆襲」から。エピソードⅣの時点では、帝国軍を象徴するライトモティーフは上のものとなる。

Death Star theme

デススター

あわせて、エピソードⅣにおいて何度も印象深く登場するのが「デススター」のライトモティーフだ(下記譜例の1段目)。これはシンプルな音型だが、音の動きよりも「短三和音(マイナーコード)が平行に長三度(半音4個分)あがる」という部分にポイントがある。長三度関係にある短三和音は暗く響くからだ。そして、この響きは、あの「ダースベイダーのテーマ(帝国のマーチ)」の中心的な響きを形成しており、帝国を印象づける重要な要素となっている。

更には、幼少期のアナキン・スカイウォーカー(ダースベイダー)を描いたエピソードⅠにおいて、アナキンのテーマにおいてもこの響きは登場し、旋律線だけでなく、不吉な響きでアナキン少年の将来を暗示しているのだ。

そして、帝国軍に関するものとしてはもうひとつ。皇帝パルパティーンをあらわすライトモティーフがある。低音で、なおかつ合唱のハーモニーを伴うことにより、不気味さを増している。

Emperor theme

皇帝の到着

最後に

いかがでしたでしょうか。こうしたライトモティーフをよく覚えてから映画を観ることで、スターウォーズの世界観がより奥深く楽しめること間違いなしです。次回は、こうしたライトモティーフを通してしか具体的に見えてこない映画の解釈などについて語ってみたいと思います。

小室敬幸

投稿者: 小室敬幸

作曲と音楽学を学び、現在は音楽に関する色々な仕事をしています。かつてはNPOで働き、現在は大学などに勤務。WEBサイト(http://reclassica.com/)