「ワインを楽しむように、クラシック音楽を楽しむ方法」~音楽美食道入門1

1.「文化」として理解しよう!

「食事もお酒も、そして音楽も、好きなように楽しめばいい」……という意見は、それはそれで正論なのであるけれど、我流で楽しむだけでは「ワイン通」にはなれないのもまた事実。(※いうまでもないことだが、ある種のワイン通が鼻につくのは、彼らが品なく自分の知識をひけらかすからであり、ワイン通であること自体がうざったいわけではない。)

ワインにしろ、映画にしろ、歌舞伎にしろ、ジャズにしろ、クラシック音楽にしろ、上辺の心地よさを楽しんでいるだけでは、表面部分しか味わえていないのに等しい。俗にいう本能的・感情的な「右脳」で捉えるだけでは、いくら感受性をオープンにしたところで得られる快感はたかが知れているのだ。なぜならば、これらはいずれも単なる「商品 product」ではなく、歴史的な文脈(コンテキスト)をもつ「文化 culture」だからである。

2.「文化」の正体

文化という日本語は「カルチャー culture」という語が翻訳されたものであるが、カルチャーの語源は「耕す cultivate」であるという。つまり、人の手が入っていない「自然 nature」そのままではなく、人工的なもの(=人によって耕されたもの)が「文化」なのだ。

続きを読む⇒