実は「親離れ」の歌だった!?~『Let It Go ありのままで』に隠された意味

Olaf01
今回のテーマ: アナと雪の女王 Frozen (2013)
※日本版は2014年公開
 

2014年3月に公開されるやいなや、日本でも驚異的なペースで大ヒットしたディズニー映画「アナと雪の女王(原題 “Frozen”)」。その勢いは大晦日の紅白歌合戦におけるエルサ役オリジナルキャストのイディナ・メンゼルと、日本語版アナの神田沙也加の共演まで衰えることもなく、2014年に最も話題をかっさらったエンターテイメント作品といって間違いありません。

また商業的に成功しただけでなく、様々な評論家やレビュアーからも高い評価を受けたことを忘れてはなりません。ディズニーの新時代を切り拓いた、大傑作映画であることは間違いないでしょう。

ただ、絶賛している映画評論のなかでも、音楽に特化して深掘りしたものはそれほどないのが現状です。これだけ多くの人が目にし、多くの人によって語られている映画であっても、まだまだ読み解かれていない魅力が沢山あるのです。

そこで今後、何回かに分けて「アナと雪の女王」を音楽的な側面から改めて分析していきたいと思います。分析するとどんなことが見えてくるのか? 私が「アナ雪」を音楽的に分析しようと思うきっかけとなった『Let It Go ありのままで』(以後、原題のLet It Goと表記します。)の読み解きを通して、お伝えしようと思います。

1.『Let It Go』について

Idina_Menzel_Defense.gov_Crop(※以下ネタバレ有り)オリジナルはイディナ・メンゼル、日本語版では松たか子の歌唱により、世界的大ヒットとなったLet It Go。劇中では、前半(正確には三部構成の中の第1部)のクライマックスを飾る楽曲だ。

物語の構造上は、仲の良い姉妹の象徴としての『雪だるまつくろう Do You Want to Build a Snowman?』がメインテーマになってしかるべきにも関わらず(※この点の解説は、別の回に譲ります)、ロペス夫妻により作曲されたLet It Goが、あまりにも素晴らしかったため、ストーリーが変更されていったという経緯があるようだ(※詳細は、RHYMESTER 宇多丸氏の評論をご参照あれ)。映画全体における、この曲が果たしている役割・立ち位置は最終的にどのようなものとなっているのか? それを読み解いていくことにしよう。

2. イントロ(前奏)の旋律に隠された意味!

Let It Goのイントロは、ピアノによる寂しげな旋律ではじまる。この旋律が重要な意味をもつので、パッと思い出せない方は下記の動画でご確認あれ。 今や世界中の人々がこの数小説で瞬時にLet It Goだと分かるのではないだろうか。シンプルでありながら何気なく印象に残るイントロであるのだが、実はこの旋律、劇中で先に登場した旋律を、変形させたもの。しかもLet It Goと並ぶ、アナ雪の代表曲である『雪だるまつくろう』のなかに、2度も登場しているのである。

続きを読む⇒