ニートでヒモだった作曲家 ~コンロン・ナンカロウ

nancarrow

 芸術で飯を食うというのはやはり大変難しい。アメリカ芸術音楽の父であるアイヴスは保険代理店を経営し、ミニマルミュージックの巨匠ライヒもタクシー運転手や引越業などで食い扶持を稼ぎ、あの「4分33秒」で有名なジョン・ケージもベビーシッターなどのアルバイトで生活費をまかなった。

 それに対し、このナンカロウという作曲家は音楽で飯が食えなかったにも関わらず、「ニート」で「ヒモ」だったというかなりの問題児。 続きを読む⇒